引越し業者の料金を安くする秘訣 > コミュ障になる原因って?

コミュ障になる原因って?

障害と一言でいっても、目に見えている物だけが障害ではありません。 一見、一般の人達と変わらず身体的な異常を見ることが出来なくても、例えば、コミュニケーションをとる際に行われる会話(話し方も大切ですが、聞き方はもっと大切でしょう)で相手の言葉(時には武器にもなり、凶器にもなり、人を救うこともできるでしょう)を理解する事ができても、あなたの言葉(同じことでも言う人によって、また、聞く人によってかなり受け取られ方が畭なるものです)で自分が思っている事を表現することが出来ない。 これはコミュニケーション障害と言う発達障害の一つでしょう。 コミュニケーション障害を持っていると、皆さんが想像するのは以上に当事者達は苦しんでいます。 障害の影響で学校や職場で孤立してしまったりする可能性も高く、日々の生活を送るに当って大きな支障をきたしています。 それでは、何故このような障害が起きてしまうのでしょうか。 やはり、先天的な物が大きな原因の一つではないかと考えられているのです。 もし、重要な聴覚(ヒトの可聴域は、20HZから20000HZくらいです)器官になんらかの障害があれば、相手が発した言葉(同じことでも言う人によって、また、聞く人によってかなり受け取られ方が畭なるものです)を聞きとることが出来ないので、言葉を覚えていくのは困難んですよ。 乳幼児期であれば、上記のような聴覚(若い人にしか聞き取れない音を利用したモスキート音が一時期話題になりました)障害や先天的な知的発達障害がコミュニケーション障害の原因(時にはこれを考えて改善することで、より良い未来へとつながっていくはずです)に繋がると考えられています。 乳幼児期からの障害であれば、リハビリ(日本では、医学的なリハビリを指すことが多いでしょう)テーションやカウンセリング(カウンセラーがクライアントとも呼ねれる相談者の相談を受けることをいいます)を行うことで、言葉(同じことでも言う人によって、また、聞く人によってかなり受け取られ方が畭なるものです)を発することに対しては、かなりの改善を望むことが出来るとも言われているのです。 コミュニケーション障害に、成人になってから気が付くと言うケースもあるそうです。 成人からコミュニケーション障害が発症した場合は、交通事故等で頭部に大きな怪我などを負い、脳が損傷を受けることで思考力や知力が低下し、それが障害の原因(どうがんねってもわからないことも少なくありません)に通じると言う事もあるのです。