引越し業者の料金を安くする秘訣 > 頻尿がおこる原因とは?

頻尿がおこる原因とは?

頻尿(頻尿には一回の排尿量が多い場合と少ない場合があります)になる原因として人によってはさまざまだからといって、膀胱や前立腺なんかの泌尿器系の臓器に病気(遺伝的な体質でどうしても掛かりやすくなってしまうこともあります)があるかないかで大きく区別します。 泌尿器(近年では、女性泌尿器科がある病院もあるのだとか)系の病気(なって初めて健康のありがたみを知るなんてよくいいます)による頻尿の原因としては、男性と女性(消費の鍵を握っているともいわれていますね)とで違い、男性の場合だと前立腺肥大症、女性(ヒット商品やブームを生み出すには、ウケを狙う必要があるでしょう)の場合だと膀胱炎(特に女性がなりやすく、再発しやすいという特徴があります)が一番多い原因(これがあって結果があるというのが自然の摂理といえるでしょう)だといえるでしょう。 前立腺肥大症や膀胱炎(1歳になるまでは、男の子の方がなりやすいのですが、その後はめったにならないでしょう)になったのであれね、炎症が原因となって膀胱が小さくなってしまって、尿を溜めるキャパが狭くなり頻尿(頻尿には一回の排尿量が多い場合と少ない場合があります)を引き起こします。 また、常に残尿感があるので、トイレ(日本では水洗式が一般的ですが、国によって様々な様式があります)に行き尿を出しきっても、炎症によって膀胱が刺激されてまた尿意が出てきます。 泌尿器(日本では、泌尿器科を受診するのは恥ずかしいと感じる人も多いようです)系の病気(なって初めて健康のありがたみを知るなんてよくいいます)でない頻尿の場合、一番多く見られるのは、神経性頻尿です。 この神経性頻尿(一回の排尿量が50ccから150ccくらいで、排尿してもすっきりした感じがせず、またすぐにトイレに行きたくなる場合には泌尿器科を受診した方がいいでしょう)は心因性頻尿(尿漏れや残尿感が起こることもあるかもしれません)とも呼ばれ、主に精神のストレス(うつ病やPTSDの原因にもなります)が原因により引き起こされるでしょう。 例えば、通勤や通学などといった電車中で尿意を我慢したりすると、その尿意に対して恐怖感を憶え、我慢すればするほど尿意が増してしまうでしょう。 このように緊張感が膀胱に伝わり、それにより膀胱が敏感になってしまい、少し尿がたまっただけでも、尿意を感じてしまうでしょう。 尿意を我慢できずに失禁してしまったりする過活動膀胱も頻尿に珍しくない原因のひとつで、主に中年層に多くみられる症状です。 これは本人の意志とは関係なく膀胱が縮んでしまう症状(自覚できるような畭変は何も起こらずに進行してしまっていることも少なくありません)で、主に加齢による骨盤(妊娠中や出産後は特に歪みやすいといわれています)底筋群の衰えや下部尿路閉塞が原因(これを追求しないと、何度でも同じトラブルが起こってしまうでしょう)はずです。 そして、特に女性(消費の鍵を握っているともいわれていますね)であれね、加齢により女性ホルモン(分泌量が不足しているのであれね、サプリメントを利用したり、医学的な治療を行った方がいいかもしれません)が不足することで膀胱が過敏になり、頻尿(生理前になると起こりやすい場合もあるでしょう)や尿漏れに通じると思っています