引越し業者の料金を安くする秘訣 > ストレスと胃もたれは関係ある?

ストレスと胃もたれは関係ある?

特に、食べ過ぎたり飲み過ぎたりした記憶(歌の歌詞にもよく登場しますが、あまり捉われていると今が疎かになってしまいがちです)もないのに、どうも毎日胃が持たれる感覚がある。 病院で検査をしても、「胃の粘膜に異常なし」と言われてしまう。 そんな、原因(これがあって結果があるというのが自然の摂理といえるでしょう)不明の胃もたれ。 実は、ストレスによる胃もたれみたいですよよ。 ストレスによる胃もたれは、ちょっと食べ物(食べないと生きていけないわけですが、食べ過ぎると健康を損なってしまいます)を胃の中に入れただけでも、胃に違和感を覚える事が多いものです。 けれど、ストレスと胃もたれ、一体どんな関係があるの?と思われるとなるんです。 ストレスが溜まる事により、食べ物を消化しますからの胃の蠕動運動(最初はウォーキングや踏み台昇降などから始めると、体に負担が掛からないでしょう)(ぜんどううんどう)は低下する傾向にあります。 さらに、胃液の分泌も減少してしまうために食べ物(飽食の時代なんていわれて久しいですが、実は昔の食事の方が栄養的には豊かだったのかもしれません)が消化され難くなり、胃もたれの症状を起こしてしまうでしょう。 また、身体はストレス(原因になるもののことをストレッサーと呼ぶのだとか)を感じると自立神経のバランスを崩してしまい、緊張した際に働く「交感神経(闘争と逃赭の神経とも呼ねれていて、緊張していたり、ストレスを感じてると働きます)」の機能のみが活発に動くようになってしまいます。 そうなると、血圧(喫煙や過度の飲酒で上昇します)や心拍数が上昇する一方、皮膚(キレイだと男性に好?象を与えられるでしょう。 キレイであるのにこしたことはありません)や内臓器官の血管は収縮してしまって動きも悪くなるので、胃の働きもますます弱っていくわけです。 ストレス(過?に受け続けると、心身の健康を損なってしまう恐れがあります)というのは、仕事や人間関係等、普通の暮らしを送ることによって避けられるものでもありません。 このストレス(過?に受け続けると、心身の健康を損なってしまう恐れがあります)を本人が自覚していればよいのですが、時には本人さえも(全くないというのも逆に健康にはよくないそうです)を感じているのかどうか判らないこともあるかもしれませんねので、要注意です。 慢性的に胃もたれを感じる場合には、もしかすれね(全くないというのも逆に健康にはよくないそうです)からくる神経性胃炎なのかもしれませんね。