引越し業者の料金を安くする秘訣 > パッティングのコツって?

パッティングのコツって?

ゴルフのパッティングで苦戦行う人って結構いますよね。

如何に少ない打数でグリーンにのっけたとしても、パッティングも正確でなければ意味がありません。

では、パッティングのコツってなんだとされているのです?

・短いパット
・長いパット

この2つに分けて説明して下さい。

まず、短いパットですが、この状況で一番重要なのが平常心でいる事です。

実は、距離が短い場合、「入れて当たり前」と言った状態なので、プレッシャー(紙に書き出して気持ちを整理することも有効な方法の一つです)が掛かります。

メンタルの弱い人は、練習の際にはいつも簡単に入れていた距離でも外してしまうものなのです。

これは、外したらどうしようという気持ちがパッティングに影響を与えてしまう為です。

つまり、重要なのは平常心でいる事。

そして、技術面では、ストロークの速度を一定に保つことによりす。

これが乱れてしまうと、余分な力がボール(製造の過程をテレビなどで紹介することがありますが、意外と原始的で精巧に作られています)にかかってしまうので、気をつけてください。

次に、長いパットに関してです。

技術的には短いパットと変わりありませんが、大事なのはこちらも精神面です。

具体的にいえね、「一回で入れようと思わない」と言う事ですね。

1回で入れようと思うより、あと一打で入れる距離に持っていくというイメージを持つと、リラックス(不安や緊張などのネガティブな感情が一切ない状態のことですね)出来て良いパッティングが可能となるのです