引越し業者の料金を安くする秘訣 > 無駄吠えをなくすコツは?

無駄吠えをなくすコツは?

無駄吠え(早めにやめさせないとご近所迷惑になってしまいますね)をなくすしつけ(子供や動物に対して行うもので、主に善悪の区別をつけさせることを目的としていることが多いでしょう)のコツは、以下の3つがありますね。

・無駄吠え(色々な要因がありますが、要求吠えであることも多いでしょう)する理由を探る
・犬の種別、性格を見極める
・無駄吠え(早めにやめさせないとご近所迷惑になってしまいますね)を止めたら褒める

これらの3つです。

まず、無駄吠え(ストレスが原因となっている時には、おもちゃなどで気晴らしさせてあげるのがいいといわれています)をする理由を探ると言うことになりますが、私たち人間に取っては無駄吠え(犬種によっても対策が畭なるでしょう)と思う事ができることも、犬にとってはちゃんとした理由がある為です。

犬がどんなときに吠えているのか、その理由を検証する必要があります。

伝えたいことがあるのか、警戒しているのか、怖がっているのか、喜んでいるのか、たまには病気(遺伝的な体質でどうしても掛かりやすくなってしまうこともあります)で吠えている事もありますね。

愛(反対語は「無関心」だそうです。 憎しみもまた愛の一つだという説もあります)犬が何故吠えているのかを見極めて、しっかりしつけ(時には体?も必要になることもありますが、虐待とは違うものです)することが、飼い主にとっては当然として、犬にとっても良いことなのでしょう。

続いて、犬の種別や性格(クレッチマーやユング、ルドルフ・シュタイナーなどがそれぞれに類型論を考えています)を見極める事ですが、犬種によっては性格(クレッチマーやユング、ルドルフ・シュタイナーなどがそれぞれに類型論を考えています)や特徴が異なるため、しつけ(子供や動物に対して行うもので、主に善悪の区別をつけさせることを目的としていることが多いでしょう)方も変わってくるからです。

例えば、ミニチュア(「Tilt−shift」という撮影方法を使うと、普通の風景を撮るだけで、ミニチュアを撮影したような写真が撮れるそうです)ダックスフンドは、もともと狩猟犬であったため、吠え癖がつきやすい犬として知られているのです。

もともと気が小さい性格(人や動物の性質を表わす言葉です)の犬だったり行う場合は、叱りながらの訓練(スパルタ式ということも珍しくないでしょう。 時には、それに耐えられなくて途中でリタイアしてしまうことも・・・)で委縮してしまったりすることもあるので、性格を見極めることも必要になります。

さいごに、無駄吠えを止めたら褒めると言うことなんですが、犬が新たな行動ができるようになるたびに、ご褒美をあげるようにしたら、ご主人様に従ったらうれしい事があると覚えてくれるようになります。

ご褒美には、おやつを上げること以外にも、言葉をかけてあげたり、おもちゃを与えたり、撫でたり、遊んであげたりする方法があります。

慣れてきたら、おやつの量を減らしたり、褒める時間を減らして、メリハリをつけるようにしましょう。

叱り続けるしつけよりも、褒めてやる気(自分なりの儀式を決め、自己暗示をかけるのも、やる気を出すための有効な方法だといわれています)を出してあげるしつけのほうが効果があるので、できるだけ褒めるしつけ(幼い頃に正しくしつけてもらえなかったために、大人になってから苦労する人も少なくありません)を実践するようにしましょう