引越し業者の料金を安くする秘訣 > 高血圧予防には塩分制限が必要?

高血圧予防には塩分制限が必要?

高血圧(生活習慣病の一つだといわれています)予防には、塩分制限が必要です。

その理由は、塩分を摂ると血液の濃度が上がってしまう為。

血液濃度が上がると、どうなってしまうのでしょうか。

血液を薄めて正常な状態に戻すために、体の中の水分(常圧乾燥法、減圧乾燥、カール・フィッシャー滴定法などの測定法が知られています)を使ってしまうでしょう。

水分を血液の中に与える事で、血液量が増えます。

そうすると、血圧(一般的には、動脈の血管内の圧力をいいます)が上昇してしまい、高血圧の症状が出るになっているでしょう。

血圧が高い方は血圧が上がりやすいので、塩分を出来るだけ摂らない生活を送らなくてはいけないでしょう。

日本人(海外でのイメージは、メガネ、カメラ、お辞儀でしょうか)が1日に摂取している平均の塩分は、WHOが定めた量の2倍の11g。

殆どの人が、規定の塩分量を大幅に越えてしまっていますね。

特にアルコールを摂取する方は、しょっぱいおつまみを好みますので、更に注意(しすぎというくらいでちょうどいいのかもしれないですね)が必要になります。

塩分を抑えることで、血圧の上昇を防ぐ事ができます。

食事はなるべく自炊するように心がけて、気持ち(自分のだけを優先していると自己中だといわれてしまうことでしょう)薄めで味付けしましょう。

はじめは物足りないかもしれませんが、舌が慣れてくると薄味でも満足出来るようになるはずです