引越し業者の料金を安くする秘訣 > 行政書士の合格率ってどれぐらい?

行政書士の合格率ってどれぐらい?

行政書士(昭和初期以前は、「行政代書人」という資格だったのだとか)試験(ある程度のヤマを張ることも時には必要かもしれません)の合格率(低い試験ほど通った後に役立つことが多いものです)は、平成23年は8.05%、平成22年は6.60%でした。

更に、さかのぼって見てみれね、平成14年の19.23%のように二十パーセントに近い合格率(受験者に対する合格者の割合ですよね。 受験する時の目安にされます)だった年もあれば、平成15年の2.89%や平成17年の2.62%みたいに3%にも満たない合格率(低い試験ほど通った後に役立つことが多いものです)の年もありました。

したがって、その年によっては難易たびにかなり差があると言っても過言ではないかもしれませんね。

だいたい平均すると、7%程度の合格率と考慮してよいのでしょう。

合格率(低いほど難易度が高い試験ということになります)だけみたら、超難関試験(全然やっていないという人に限ってこっそりやっているものです)だと思われると思いますよ。

でも、行政書士試験を受ける人の中には、最初は受験するような人も少なくないようです。

受験資格が無いので、どのような方でも受験出来るという手軽さや、TVや漫画などで行政書士(青木雄二さん監修の「カバチタレ!」という人気漫画を読むと、大体の業務内容がわかるかもしれません)と言った職業がもてはやされたこともありますし、受験者数がすごく多くなっているのでしょう。

本気で受験している人が受験者全体内で如何にいるかがはっきりしありませんので、実際の試験の難易度がわかりにくくなっているんですね。

ただ、試験(時々、全然問題が解けなくて焦る夢をみることがあります)問題には超難解な問題ばかりが並ぶわけでもありませんし、資格(取得していると自分の能力の証明になるでしょう)取得のために真面目に勉強してきた人なら解けるだろう問題が多く出題されます。

全体の6割の問題に正解すれば合格できる試験(対策は万全にしておかないと酷い結果になりがちです)ですから、合格率(高いからといっても自分が合格できるとは限りません)だけを見て驚いて尻ごみせずに、頑張って資格(意外と取ってもあまり役に立たないこともあったりします)取得を目指した方がいいのです。