引越し業者の料金を安くする秘訣 > 膝痛にはグルコサミンやコンドロイチンがいい?

膝痛にはグルコサミンやコンドロイチンがいい?

膝痛には、グルコサミンやコンドロイチンがいいんでしょうか?

膝痛には、グルコサミンやコンドロイチンを飲むといいとは限りません。

最近では、「膝痛にはグルコサミンやコンドロイチンがいい」というコマーシャルをよく見かけますよね。

確かに、膝痛には、グルコサミンやコンドロイチンは効果があります。

その効果とは、炎症を抑えるという効果です。

変形性膝関節症という膝痛があります。

この変形性膝関節症は、関節にある軟骨が磨り減っていくというものです。

軟骨が磨り減っていく時に痛みはありませんが、炎症が起こって痛みが起こります。

変形性膝関節症が進行すると、軟骨がなくなってしまい、骨と骨が擦れて、激痛が走ります。

グルコサミンやコンドロイチンは、炎症を抑えてくれるので、炎症による痛みは和らげることが出来ますが、軟骨がなくなること、膝が変形することに関しては、効果がありません。

そうなると、人工関節を入れるなどといった病院での治療になります。

コマーシャルやテレビ、雑誌などで、グルコサミンやコンドロイチンが効果的などと取り上げられ、みんな膝痛が治ると思ってしまいます。

しかし、炎症を抑えてくれるだけなんです。

飲み続けて膝痛がなくなったという人は、炎症が抑えられて痛みがない、もしくは、自然に治ったと考えられます。

膝痛を予防、改善するには、膝がぶれないように、下半身を上手く鍛えてあげるのが一番大切です。